スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何事も中身だ

ファミ通.comより抜粋。

2010年10月13日、立命館大学の学生を対象に、マイクロソフト 執行役 常務 ホーム&エンターテイメント事業本部長 泉水敬氏らによる講演“次世代クリエイターに贈る~マイクロソフトのインタラクティブエンターテイメント講座”が実施された。

まぁ色々と書いてあるが、最後に良い事を言っている。

「各ソフトメーカーさんは上場企業が多いので、当然利益を上げなければならず、ヒットシリーズに集中する傾向があります。ユーザーの皆さんもシリーズものに集中する傾向がある。これは欧米よりも日本のほうが顕著です。それが続くとヒットシリーズは売れるが、新しいタイトルがでない……ということになりかねない。業界全体が縮小してしまうし、活性化しないんです。ゲーム業界に限らず、新しい試みを続けることはすべての産業において必要なことです」(泉水)

ん~、わかってるなぁ泉水さん。
本当に日本のユーザーのシリーズものにしか目を向けない傾向は何とかならんのか。
そのせいで良いゲームが売れないのを見ているのは実に腹立たしい。
何と言うか、ユーザー自体が害虫と言えなくもない。

もうメーカー側がおもいきって現在の有名タイトルを今後一切つくらず、新タイトルのみにでもしない限りはこの状況は変わらないだろうね。
そんなことできるはずもないが。
いや、できたとしてもメーカーのブランドばかりあてにするんだろうな。

海外でももちろんシリーズものが有力なのは変わらないが、新タイトルも同等かそれ以上に出ている。
ユーザーがちゃんと目を向けてくれるから新しいタイトルに挑戦する事が出来るんだろう。

海外と言えば、洋ゲーを一括して食わず嫌いする人間がいるのも何とも腹立たしい。
国産のゲームだろうが外国産のゲームだろうが、そこに境界線を引く必要はあるのか?。無いよな?。
面白いか面白くないかそれだけだ。ちゃんと中身を見ろ!

生きている内にこの状況が変わる日が来るのだろうか・・・はぁ。
スポンサーサイト
プロフィール

韋駄天

Author:韋駄天
アクションゲームメインの雑食ゲーマー
悪魔城ドラキュラシリーズが大好き

個人的神ゲ
・YU-NO
・ガーヒー
・TRIALS EVOLUTION
・Skyrim

Twitter
最新記事
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
silverlight
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。