スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオコ

ネシカライブのカオスコードが稼働したということで久々にゲーセンに行ってきた。
実は稼働前の遠い昔から気になっていたゲーム。
長いこと完全に忘れてたが中野TRFの大会動画を見てああ、あれか!と。

やりたかったんだが近場のゲーセンにはどこも入ってなくて結局出来ず仕舞い。
まぁ格ゲー自体が完全に下火になってたからしゃーない。

コンボムービーを見てもらえればわかるが、ま~酷いコンボゲーであるw
大会動画を見てただけの見様見真似で7~8割減らせるコンボが実践できるとは思ってもみなかったよ。
色々修正は加えられているようだが、そこまで大きく影響は無いようで。



とはいえ立ち回り部分はまだわかりやすいだけ遊び易い方だなと思った。
GGやBBはもう立ち回りから押せ押せでゴチャゴチャして分かり難いからやらなくなった。
GGは昔は良かったんだけどな。途中からポチョでジャム相手にするのがあまりに無理ゲーになって、そこからは全くやってない。
そういったアークゲーに比べたらCCは非常にシンプル。な方だと思う。
なんだこの似たような略称群は…

しかし土曜の夜だというのに誰もいなかったな。
やっぱもう地方じゃ格ゲーは完全に終わってる。
こんなんじゃすぐにやる気もやる意味も無くなってしまいますがな…
スポンサーサイト

DOA5U基本無料版の矛盾

DEAD OR ALIVE 5 ULTIMATEの基本無料版というものが発表されたけど、格ゲーとしては異例の展開なのでちょっと色々と考察してみた。

そもそも「基本」ってなんぞや?って突っ込みたくなったけどこれは置いといて。

ゲーム内容を制限して無料でプレイできる、いわゆるFree to Play(F2P)スタイルってことは新規のユーザーを獲得したいんだと思われる。
が、格ゲーにおいてごく一部のキャラだけでプレイしてみて果たして新規ユーザーに面白さが伝わるのだろうか?
格ゲーを面白いと感じるためにはまず自分にあったキャラクターを見つけるのが大前提としてあると思う。
強い、使いやすい、カッコイイ、カワイイ、楽、愛etc、etc…理由はどうあれ色んなキャラを使ってみないことには始まらない。

そう考えるとどうだろう、全部で30キャラ近くいるうちの4キャラ、しかも全部忍者。
この限定された状態でどれだけの新規ユーザーが見込めるんだろうか。

一応トレーニングモードの中のチュートリアルでは購入しなくても使用できると表記されてはいるが、何やら制限ありのマークが。
フリートレーニング、コマンドトレーニング、コンボチャレンジというのが別にあるのでいったい何ができるのかわからないが、この無料版の全てがこれにかかっているといってもいいんじゃないだろうか。

某掲示板ではこんな意見が多い。

「使うキャラだけ買えばいいからお得」

完全に今までこのタイトルをプレイしたことのある既存ユーザーの考えだ。
確かにそう考えると非常にお得だ。

しかしもっとコアユーザーになると全部入ってないと気がすまない人や、キャラ対策などの為に全キャラ必要な人もいるだろう。
そういう人は間違いなく通常版を買うはずだ。
というのも有料コンテンツを全てバラで買い足すと通常版の2倍ほどの値段になるから当然である。
(1キャラ400円セット販売無し ストーリーモード1500円 通常版6090円)

例え新規ユーザーがキャラを買い足すとしても、最終的に全キャラ揃えたいと思う人なら少し考えたら通常版を買うか値段を見て諦めるかのどちらか。
そういう人にはどちらにしても1キャラでも購入したら損しかない。
全部揃えるまではいかないにしても15キャラ、全体の半分ほどのキャラを購入したらもう通常版と同じ値段だ。

結局この売り方だと一部の既存ユーザーしか得しないことになるどころか、メーカー側からすれば通常版の販売数がその分減るだけ。
そもそもの値段設定に問題があるというのもあるが。

実際結果が出ないことには一概に間違いとは言えないが果たして…

昨今のゲームにはよくあるよね、要素の削ぎ落とし。シンプル・イズ・ベスト?それは完成されたゲームにのみ許される言葉だ(迫真)あ、これタイトルだ( ゚3゚;)~♪

収集物も全て回収し終わったので久々に感想でも書こうかな。



率直に言わせてもらえば、トゥームレイダーとしては微妙。
でもアクションゲームとして見れば純粋に楽しめるんじゃないかな。

何故トゥームレイダーとしては微妙なのかというと、発見や驚き、スリルといったものが無い。
洞窟の奥深くまで潜って行くと突然開けた場所に出て巨大な遺跡があったり、入り組んだ通路と呼べるかどうか怪しい通路を進んでいくと意外な場所に通じていたり。
次に何があるのかとワクワクしたり、水中に潜った先に息継ぎできる所はあるだろうかと不安になったりするのがトゥームレイダーだったと思う。

しかし今回は遺跡と呼べるほどのものは無いに等しく、一応あるにはあるといっても小部屋が用意されている程度。
先に進むのに決心がいるほどのスリルも特に無い。



今回は前日譚ということでララがトレジャーハンターになった生い立ちを描くのが本題なので仕方ないとは思うが、だったらタイトルにはサブタイトルでも付けるべきだったんじゃないかと。
内容は本来のトゥームレイダーから離れているのに、タイトルは副題も何も無くドドーンとトゥームレイダーのみ。
本来の面白さを持たないものを『新生』とか言われてもね。


しかしトゥームレイダーとして見なければアスレチックも多く操作感も申し分なくかなり出来は良い。
まぁ昨今の多くのゲームに違わずぬるいし、ほぼ一本道で道なりに進むだけであんまり悩むことも無いけどね。



次があるなら是非ともこのクオリティで本来のトゥームレイダーを遊べることを願う。


ちょっと話はそれるがよく思うこと。
トゥームレイダー発売前のプロモーションでサバイバル要素として狩りを紹介していたが、結局のところ動物を狩っても少しの経験値などが得られるだけで全く狩りをする必要がない。
最初に一度だけ狩りをしないとイベントが進まないというだけ。
このゲームに限ったことじゃないが、こんな取って付けたようなシステムをゲーム要素として紹介するってどうなんだ。
本当にサバイバルとして組み込むんだったら空腹によるペナルティを設けるなり、ストレスを与えたくないんだったら食事をすることによる何らかのメリットを持たせるなりするべきなんじゃないか。
今に始まったことじゃないかもしれないが、こういう練り込みの甘さをどうにかしてもらいたいものだね。

結局辛口レビューになってしまった。

切りが無い

とうとう1月は何も書かなかったな(ーー;)

友人からスカイリムのダウンロードコードを貰ってからは延々とプレイしている。
確かPC版が300~400時間やってたと思うから、体感それより明らかに長くプレイしている360版と合わせたらもうそろそろ1000時間くらいはいくんじゃないだろうか。

そんなこんなで実績がDLC含め残るところあと2つなんだがちょっと挫折しそう。
実績取るのにやや作業になった感があるのはウェアウルフとバンパイアのスキルツリー埋めくらいで他はただ遊びながら取れたから良かったんだけど、残る2つが結構な問題を抱えている。

その内の1つスタルリムを使って装備をつくる実績。
条件を満たしていないのかバグなのかわからないが、スタルリム装備をつくる為に必要なクエストが発生しない。
これがバグだったらアプデ待ちかやり直すしか無い。
まだちゃんと調べてないので調べようと思うが、バグだったらどうしようかな~…(((´Д`)))

もう1つは伝説のドラゴンを倒すというもの。
実績解除wiki見る限りレベルが70くらいにならないと現れないらしい。
現在のレベル54。
レベルが50になった辺りから全然経験値が溜まらなくて70代が果てしない。
クエストでもスキルアップでも1/20くらいしか上がらないからどうしようかと真剣に考える。

べつに実績に拘っているわけじゃないから作業になるくらいなら取らなくていいんだけど、お気に入りのゲームくらいは全部取りたいなという気持ちがあるんだよね。
とはいってもお気に入りのTRIALS EVOLUTIONは前回のDLCまでは全部とったがその後はさすがにもう疲れた(;´д`)
あのゲーム、リアルにプレイヤーの腕が反映されるから達成感は半端ないが、その消耗っぷりといったらなかなか無いw

話を戻してスカイリム。
いくら実績取るのに作業になるかもしれないとは言っても、未だにあちこち放浪しているだけで色んなものを発見するので飽きが来ない。
そんなだからそのうちレベルくらいはなんとかなるかなと思ってしまうので、何か効率よくレベル上がる方法はないかなと思いながら延々とプレイしている今日この頃。
さてどうしようかな。色んな意味で切りが無い…

終わりがあってこそ

今年もそろそろ終わりですね~…とかありきたりな前置きは置いといて、
ファイターズクラブがレベルキャップも開放せずになにやら防衛戦とかいう鬼畜コンテンツ投げっぱなして連休突入。
もう既に閑散としてるのにやっぱりこりゃダメだなと益々思ってしまうゲームです。

しかし今までネトゲもちらほら遊んできたけど、自分には合わないなとつくづく思う。
始めは勿論楽しめるんだけど、レベルキャップまでいってその時点で遊べる最後のステージをクリアしたらほぼ終了なわけですよ。
ある程度安定してクリアできるようになるまでは装備強化したりパターンつくったりするモチベーションは続くんだけど、もうそれ以上はやる意味が無い。
ネトゲの形態上エンディングなんてものは存在しないので終わりを目指すことも無く、最終的に目的もなくただただレアドロップ狙いの周回プレイになるわけで。
リアルでもゲームでも恐ろしくくじ運の悪い自分には尚更面白くもない。

ゲームってのはやっぱり終わりがあってこそのゲームだと思う。
終わりが無いのに何を目的にプレイすればいいのやら。
プロフィール

韋駄天

Author:韋駄天
アクションゲームメインの雑食ゲーマー
悪魔城ドラキュラシリーズが大好き

個人的神ゲ
・YU-NO
・ガーヒー
・TRIALS EVOLUTION
・Skyrim

Twitter
最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
silverlight
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
FC2カウンター
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。